20代女性育毛剤【抜け毛、薄毛対策にはコレ】

薄毛予防の育毛剤選びについて



20代では髪がまだまだあり、薄毛の心配は感じないかもしれません。女性の場合、30代に入るころには女性ホルモンが減少しはじめます。また、ストレスなどによる血行不良も発生し、抜け毛が発生しやすくなります。将来起こる可能性がある薄毛に備え、早いうちに対策をしておくことがいい事です。ここでは、薄毛を予防するための育毛剤選びについて紹介します。

・若いころから予防として育毛剤について
若い頃から育毛剤を使用することに抵抗があるかもしれませんが、育毛剤は薄毛や抜け毛予防にも有効です。若いころのほうが新陳代謝もよく、毛髪はしっかりと成長します。この時期に育毛剤を使えば、より毛髪が成長します。その他、日頃の睡眠や食事などの生活習慣の改善も並行して行うことも欠かせません。睡眠不足やストレスは血行不良などの原因となり、毛髪の成長を妨げます。

・薄毛を予防するためにどんな育毛剤がいいか
殆どの女性用育毛剤には血流改善作用のある生薬、炎症を抑える植物エキス、保湿成分などが含まれています。薄毛予防ための育毛剤選びについては、無添加タイプがおすすめです。香料や着色料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤などの添加物が入っていない低刺激タイプをおすすめします。育毛剤を使用して頭皮に痒みや赤みが出た場合はすぐに使用を中止します。

・育毛剤選びの注意点
育毛剤の多くは医薬部外品です。医薬品に比べると効果は緩やかになります。医薬品にはリアップがありますが、リアップは血流改善作用はつよいのですが、その分刺激もあります。また、医薬品「リアップ」は未成年や妊娠中、授乳中の人は使用することができません。薄毛が進行し、育毛剤では改善出来ない場合は、医薬品の使用をおすすめします。